2021年11月、市民劇再び上演します!

演劇なかま高円寺 vol.4

『わが町 高円寺 子ども食堂』

原作=ソーントン・ワイルダー/作=荒谷大輔/演出=長谷基弘(劇団桃唄309)

会場=座・高円寺2


【あらすじ】

夜8時、10歳の若菜は時計を見上げる。母親はまだ帰らない。チクタクという乾いた音が、薄暗い部屋を兵隊のように歩き回る。――孤立した子どもたちを救うため立ち上がった一郎は、伝説の料理人を求め街に出た。贖罪のパズルを解き明かし、人々の心の扉を開くことはできるのか。日常の中の永遠をテーマに描かれる『わが町』の子ども食堂版。どうぞお楽しみに!


【公演日時】

2021年11月

20日[土]14:00★/19:00

21日[日]11:00/16:00

※受付開始=開演の60分前、開場=開演の30分前

※★の回終演後にアフタートークあり


【チケット(全席自由・税込)】

一般=2,500円、高校生以下=1,000円

※高校生以下券は、身分証をご提示いただく場合がございます。

※未就学のお子様もご入場いただけます。膝上でのご観劇の場合は無料です。

※開演時間を過ぎてのご入場はお待ちいただく場合がございます。

※車椅子スペースをご利用の方は、事前にお問い合わせください(定員あり)。


【全席自由席】

※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30時間前です。

※各回開演60分前に受付開始しましたら、整理番号をお配りします。

※開演30分前に開場しますので、お客様にてお座席をお選びください。

※整理番号は当日受付順になります。


【出演】高円寺にゆかりのあるみなさん

尼理愛子、荒谷大輔、池田愛花、井上秋音、岩井健、岩澤湧哉、漆原睦夫、大村敏、加藤煌音、北澤礼子、木下理理子、榊原あきら、清水のりこ、辻たくや、藤井れおな、本田良子、武蔵、毛利俊太、由井えいたろう、吉田悠亮 ほか

特別出演 林与一

「子ども食堂」にまつわるアフタートーク開催

20[土]14時開演回の終演後、子ども食堂の精力的な活動をされているスペシャルゲストをお招きして、アフタートークを開催します。

・湯浅誠さん(認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長)

・栗林知絵子さん(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長)

公演をもっと楽しむために!

公演期間中、座・高円寺B2Fロビーのチケット受付付近にて展示を行います。ご観劇前後にぜひご覧ください。

★村山理世 写真展(写真家・作家。1983年三重県生まれ)

★武蔵 個展(杉並区生まれ、高円寺在住。小さい頃より車や鉄道が好き。アクリル絵具を使って大きなキャンパスに絵を描く。本公演に出演)

特別出演・林与一さんをお見逃しなく!

高円寺の市民劇に名俳優・林与一さんが出演します!どうぞお楽しみに!

林与一 歌舞伎の名門の血を引き、昭和39年NHK大河「赤穂浪士」で人気となる。美空ひばりの相手役を務めゴールデンコンビと言われた。代表作に「人形佐七捕物帳」「必殺仕掛人」。

【ご来場のみなさまへ】

現在、新型コロナウイルス感染予防のため、スタッフの検温、マスク着用、手指消毒をはじめ、館内の三密の回避、施設の消毒や換気などに努めております。ご来場の皆さまにおきましては、入館時のマスクの着用、検温、手指消毒のご協力をお願いいたします。

また、体調の優れない方、体温が37.5度以上の方、2週間以内に感染者との濃厚接触が確認される方は、ご来場をお控えくださいますようお願いします。ご利用前であればチケットの払戻しも行っておりますのでご利用ください。

◎荷物預かり、差し入れは受け付けておりません。◎役者面会はございません。◎ご観劇中もマスク着用とし、できる限り会話をお控えください。


【スタッフ】

舞台監督=笹浦暢大

照明=伊藤馨 (terrace)

音響=井上林童

制作=塚本京子/福澤香織

演出助手=辻たくや

衣装=福原ひとみ

宣伝美術=福澤香織

プロデューサー=由井営太郎

補助金=文化庁コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業

後援=杉並区

主催=演劇なかま高円寺

Instagram